あなたが望むキャリアへ

フリーランスや副業で働く全ての方へ

フリーランス・複業検定
試験日時

検定日

申込期間:
近日公開

他の開催日程はこちら

検定申し込み

本試験を受験するには会員登録が必要です。

フリーランス・複業検定試験とは

フリーランス・複業検定は、必要なマナーや知識の有無を判定し、企業と円滑にビジネスを進められるビジネスパーソンであることを証明する認定制度です。 学校や社員研修では教わることができないフリーランス・副業としてのマナーや立場の理解、法的理解などを学びます。 フリーランスや副業のレベルが上がれば企業は安心して仕事を委託できるようになり、 フリーランスや副業という働き方の価値が上がります。フリーランスや副業の社会的価値を向上させ、 企業の発展を目指す目指す制度です。 検定試験に合格し、正会員となると協会認定企業から無料で業務オファーを受けることができます。

フリーランス・複業検定を
受ける意味

社会が抱えるフリーランスや
副業という働き方に対する現状課題

【フリーランスや副業で働く側のビジネスマナーや法的な知識がない】
企業内で守られた状況で業務をすることが主流であった時代から、個人が企業を契約をして仕事を受注する時代へと変化をしています。ビジネスマンとして企業に勤めたことのない方や勤めたことはあっても、社内ルールとビジネスマナーの区別がつけられていない方々など、スキルを持っているにもかかわらず、フリーランスや副業として働くにあたっての特有のルールやマナーの知識不足により、成果をあげられないという状況が発生しています。
【受注者のフリーランスや副業に対するルールやマナーなどに対する知識不足】
一方で、発注側もスキル提供をするフリーランサーに対し、「人件費」としての扱いをしてしまうという不具合も生じているのが現状です。それにより、企業の発展・フリーランスや副業の活用が妨げられてしまうことが懸念されています。

フリーランスや副業という働き方を
促進するための最低限のルールやマナー

企業が安心して仕事を依頼できるようにするには、発注者・受注者共にフリーランスや副業という働き方特有のビジネスマナーや知識が求められます。
一般的なビジネスマナーに加え、事業主として企業と契約を結べるようになるための知識などの労務・法務・税務系の実用的な内容から、発注者・受注者が共にWIN-WINになれるような考え方・お互いの身を守るための守秘義務契約についてなど、企業に守られている状態では触れることの少ない内容が盛り込まれています。実際に起こった問題などから具体的に学んでもらえます。

フリーランス・複業検定を実施する意味

【フリーランスや副業という働き方の質や価値を上げる】
フリーランス・副業という働き方に「簡単な」「自由な」稼ぎ方と誤解をした状態でチャレンジをしてしまう方々も少なくありません。誤解をした状態で参入してしまうと、ご本人が稼げないだけではなく、フリーランス・副業という働き方自体の価値を下げてしまうことになります。フリーランス・副業の基準を設けることで、スキルを持った方々に多くの活躍の場が提供できるよう、また、発注側が安心してフリーランサーや副業者を受け入れられるようにすることで、日本企業が発展をしていくスピードを上げていきます。
【働き方を受け入れていく企業も個人も守られる】
検定を実施することで、一定の価値共有ができた状態で受発注をできるため、個人の価値観でコミュニケーションを図るリスクが減り、スムーズな業務遂行に役立ちます。

フリーランス・複業検定
試験日時

試験日時


※他の開催日程はこちら

申込期間

受験方法

費用

サンプルを
ご覧いただけます

フリーランスや副業で働いている、または目指している方々へ
~このような課題を解決できます~

【企業に信頼を与えられる】

フリーランスや副業で働く側のビジネスマナーや法的な知識がないという一般的なフリーランサーや副業者へのイメージを払拭することで、価格交渉などが行いやすくなります。 企業内で守られた状況で業務をすることが主流であった時代から、個人が企業を契約をして仕事を受注する時代へと変化をしています。 ビジネスマンとして企業に勤めたことのない方や勤めたことはあっても、 社内ルールとビジネスマナーの区別がつけられていない方々など、スキルを持っているにもかかわらず、 フリーランスや副業として働くにあたっての特有のルールやマナーの知識不足により、成果をあげられないという状況が発生しています。 一方で、受け入れ側のフリーランスや副業に対するルールやマナーなどに対する知識不足によるトラブルも発生しています。 発注側もスキル提供をするフリーランサーに対し、「人件費」としての扱いをしてしまうという不具合も生じているのが現状です。 それにより、企業の発展・フリーランスや副業の活用が妨げられてしまう懸念があるため、本試験を受験することにより、企業との共通ルールのもと、業務の遂行が可能になります。

【良識のあるフリーランサー・副業者として協会認定企業から業務依頼を受けられる】

ルールやマナー(情報漏洩や秘密保持など含む)を理解していないフリーランス・副業で働く人々がいる中で、本試験を受験することにより、 企業に対し、 スキルだけではなくフリーランスや副業として働くためのルールやマナーを持ち合わせているという証明ができるようになり、契約時に自身の価値を上げることができます。 また、検定試験合格者は、正会員登録をすることで無料で協会認定企業から業務依頼を受けることができます。

【トラブルを最小限に抑えられる】

正社員では必要のなかった、働き方に関する契約書などの法務・お金に関する税務・働き方に関する労務など、 曖昧なまま進めてしまうことによってのリスクを理解することでトラブルを、企業側・フリーランスや副業側共に最小限に抑えられます。

フリーランサーや副業者を活用、または輩出しようとしている企業様へ
~このような場面で役立ちます~

【フリーランサー・副業希望者のレベルを把握した上で登録者に業務依頼ができる】

協会認定企業に登録することで、検定試験に合格をしたフリーランサー・副業希望者に対して業務依頼をしていただけます。 また、社内で検定を実施することにより、一定の基準を設けることにより、管理がしにくいフリーランス・副業という働き方のルールやマナー(情報漏洩や秘密保持など含む)に対する 個人の理解度を企業側が把握した状態で、契約を結ぶことができるようになります。

【期待していた業務成果を上げることができる】

「業務遂行のスタンスが正社員とは異なるということを、フリーランスや副業を経験したことのない受け入れ側が理解することが難しく、企業側がフリーランスや副業で働く人々の能力を十分に活用できていない」という現状があります。それぞれの働き方のスタンスを理解することで、元々期待していた業務成果を上げることができるようになります。また、ご導入いただきました企業様にはフリーランスや副業を推奨する企業・フリーランサーや副業者の働きやすい企業として協会より認定証を発行させていただきますので、優良なプロフェッショナル人材を集めやすくなります。

【トラブルを最小限に抑えられる】

雇用関係にないフリーランス・副業との委託契約を曖昧なまま進めてしまうことによってのリスクを理解することで、人材不足をスムーズに解消できるようになります。また、自社の社員が副業をした際に起きるトラブルを企業側・従業員側共に最小限に抑えられます。

NEWS

あなたが望むキャリアへ

フリーランスや副業で働く全ての方へ
あなたが知っておくべき必須スキル